フランス積み

フランス積みは煉瓦の最もエレガントな積み方だと思っています。

長手と小口を交互に並べ、それを積み重ねていく。積み重ねる際には目地を縦方向に貫かずに煉瓦のセンターを合わせます。1段目が長手の位置には2段目は小口、1段目が小口の上には2段目は長手と、1段置きに縦目地が通ります。

長手のみを半分ずらして積み重ねる長手積みは、シングル積みでも鉄筋を通し易いためか日本ではスタンダードなパターンです。ジーランドでは特に積み方を指定しなければこの長手積みとなります。

全ての煉瓦に鉄筋を通すにはフランス積みはダブル積みとなります(ダブル積みとは煉瓦の厚みを二重にした重厚な積み方)。並べ方は、二 I 二 I(横二重 縦1本 横二重 縦1本)とすることで、エレガントな表情が現れる。フランス積みに近いところでイギリス積みもあります。

フランス積みは正式にはフランドル積みと言うようですが、いずれの名称でもとってもお洒落な響きですよね。文字に起してもお洒落。容姿もお洒落。機能と美をシンプルに追求すると行き着くところはフランス積みなのではと思います。

 

橋村